スポンサードリンク


火災保険 救急隊サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hokensennin.blog61.fc2.com/tb.php/40-2c8d26cb

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

火災保険 救急隊サイトトップ >地震保険 >>地震保険の比較の方法

地震保険の比較の方法

地震保険どこの保険会社が一番、いいのでしょうか?

この答えで一番わかりやすいのが、

財務省のホームページ

実は、国が再保険を引き受けている非常に
公共性の高い保険です。地震保険自体は
各保険会社による条件の違いはありません。

イメージ的に一番、近いのは自賠責保険ですね!
(各社共通ですから)

よって、上記の問いの答えは

主契約の火災保険のいいところでつければいいですよ!
という、ある意味、単純な答えとなります。

しかし、それ以外に各損保会社の独自補償として、さまざまな
特約(地震100%補償など)がでていますので、地震をフルカバー
したいというニーズでしたら、各社の比較がおすすめです。

たとえば、損保ジャパンの地震火災費用50%のプランや、
東京海上日動の超保険の地震危険等上乗せ危険担保特約などがあります。

基本の地震保険の補償は、建物の火災保険の50%までですので、地震保険のリスクを
心配される方は、各社の上乗せ補償を検討しましょう。

ちなみに、地震保険の認定は、鑑定人の方が基準に
基づいて行われます。立会調査です。

少しの損害でも、申告が必要です。
(認定に関して個々の案件に関してはわかりません)

プロの目でみてもらうと、見落としている損害が、発見
されるかもしれません。

参考になりましたら、ポチィとお願いします!
   ↓↓↓↓
人気ブログランキングへ





スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hokensennin.blog61.fc2.com/tb.php/40-2c8d26cb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

隊長 保険仙人

Author:隊長 保険仙人
はじめまして!

損保会社に3年間、火災保険の営業などで勤務しておりました。
思い起こせば、ほぼ、毎日、火災保険の企画・提案・営業をしておりました。

そのときの営業経験(他社との競争は熾烈)をもとに一般の皆様にわかりやすい記事をご提供できればと思います。

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。